賃貸物件に入居する時も、ご近所づきあいはとても大切であり、自分にとって利点になることが多いということ。

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて
賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

最近では、ご近所付き合いが希薄であると言われています。特に、賃貸物件に入居するときには、定住の住みかというよりも、テンポラリーな住みかであると考えている人も多く、人付き合いを全く、考慮せず、引越しを済ませ、物件に入居する際にも両隣の入居者、上下階の入居者に菓子折りなどを持って挨拶をするという、日本独自の伝統とも言える習慣を全く意に介さない人もいます。しかし、ご近所付き合いを円滑に行うということは、めぐりめぐって、自分のためになることが多々あります。

ご近所付き合いを大切にするとまず、なにより、防犯になります。自分の居住している周辺に万が一、不審者が現われたときも、普段から、住民同士に交流があれば、警察に通報するのも早く、大事に至らないことも多いです。近所でのコミュニケーションがうまくいっていれば、地域のお得な情報を入手することも可能です。または、自分が困った状況になった時も手を差し伸べてくれる近所の人が現われることもあります。そして、何より、気持ちのよい毎日の挨拶をすること、近所の人と仲良くやっていくということは、精神安定にも大変よい影響を与えますし、精神が安定していれば、肉体も健康体でいられるといわれているので、ご近所付き合いは積極的にしたほうがよいと言えます。

ピックアップ

おすすめ情報