賃貸物件でのご近所つきあいにおいて、トラブルを避けるにはどのような対処や日ごろの付き合い方が必要かということ。

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて
賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

賃貸物件でのご近所付き合いでトラブルを避けて暮らす方法

賃貸物件を借りて、その後、ご近所付き合いにトラブルがあったという事例は多々あります。それでは、トラブルが起こったとき、どう対処すればよいかを探っていきましょう。まず、ご近所の騒音に悩まされている場合です。どのケースでも、直接、トラブルの元のご本人に、苦情を言ってしまうのは今後の近所付き合いにおいて悪影響になると困るので、言わないほうが懸命といえます。そういった場合は、賃貸物件の管理会社に事情を話して、対処してもらうのがベストです。第三者に入ってもらうのがよいのです。

次にご近所付き合いにおけるプライバシーの侵害についてです。近隣の人々と仲良く暮らしていくというのは自分の住み心地を考えても重要なことですが、中には人との距離感が分からず、ずかずかと、人の生活圏や考え方に踏み込んでくる人もいます。そのような人に出会ってしまったとき、ストレスから、病気にまで至ってしまうというケースもあります。そのような人的被害を受けないためにも、ご近所付き合いは笑顔で挨拶の仲を心がけるとよいとされています。自分からも、あまり、プライベートな質問は避けて、会話は天気の話や、お店など、当たり障りのない世間話で軽く終らせるのが理想です。よい印象を与えつつ深入りしないという姿勢が大切です。

ピックアップ

おすすめ情報