賃貸の一戸建てに住んだいた時のご近所づきあいには、少々苦労しました。子供が同級生だとお母さんともお付き合い。

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて
賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

賃貸の一戸建てに住んでいた時のご近所づきあい

賃貸の一戸建てに住んでいた時、ご近所づきあいには少々苦労しました。同級生の子供さんがいる家庭が二軒ほどあり、入学させる幼稚園でかなり気が引けました。うちは女の子一人、早生まれで身体も小さく、おとなしい子だったため、私立の幼稚園に入園を決めていました。ところが、ご近所のお子さんは、とても活発で体格も良く、活動的でした。小さいころから遊ばせてはいましたが、中々同じ遊びが出来ず、何となく泣いて終わりということが多かったのです。

そのせいでもないですが、私立の幼稚園に決めており、予定通り入園させました。公立よりは、とても大事にしてもらい、一番身体の小さかった娘も、何一つ困ることなく元気で通園していました。もちろん私立ですからお金もかかります。その辺で、ご近所の方が羨ましいと思った気持ちがあると思いますが、帰宅した後のお友達を全てその方の友達・・・というような感じで娘は孤独になりました。お母さん自身が幼稚園生になってしまっていたのです。娘は幼稚園から帰ると、体力もないせいか昼寝をしないと身体がもたなかったので、小学校入学までは何とか過ぎて行きました。そして、小学校に入学してみると、公立の幼稚園の子、私立の子、とそのお母さんは区別を始めたようで、しばらくお母さん自身が友達の中で張り切っていましたが、高学年になるにつれ、段々と治まってきましたが。

ピックアップ