賃貸住宅でも防犯面や孤立化を防ぐために、ご近所づきあいは必要なことです。その重要性について紹介します。

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて
賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

賃貸住宅でのご近所づきあいの必要性

昔と比べると、今の世の中は、ご近所付き合いも少なくなってきているようです。賃貸住宅で一人暮らしをする方も増えてきていますし、治安が比較的安定している日本社会でも、物騒なことも起きているので、一人一人が他人との関わりを警戒するようになっています。確かに、人とのかかわりを警戒することは、自分や家族の身を守るために、大切なことですが、警戒しすぎてしまうと、逆に人との付き合いがしにくくなり、ご近所付き合いもほとんどなくなってしまいます。

ご近所付き合いがあることで、プラスになることもたくさんあります。例えば、住んでいる街に関する情報がたくさん入ってくるようになったり、知り合いもたくさんできるので、何かあった時に助けてもらったり、手助けしてあげることもできるようになります。孤立化を防ぐことができるので、寂しさを感じにくくなるというメリットもあります。賃貸物件で一人暮らしをしている方などにとっても、ご近所づきあいは大切なことです。日頃から挨拶をきちんとすることで、顔を覚えてもらえますし、コミュニケーションも取りやすくなると思います。普段から話をしていることで、自然と仲良くなれ、ネットワークもしっかりと作れるようになるので、防犯面や孤立化を防ぐことにもつながるのではないでしょうか。

ピックアップ