賃貸集合住宅での近所づきあいのポイントを紹介。周りに配慮をしながら、そして周りに寛容を持ちながら暮らす大切さ。

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて
賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

賃貸集合住宅でのご近所づきあい

先日、住んでいる賃貸マンションのエントランス掲示板に「○○階の生活音がうるさい」という掲示が張ってありました。管理人が貼ったのか、それとも住民が勝手に貼ったのかは分かりませんが、こういったところからご近所トラブルというのは生まれるのかもしれませんね。私は該当する階に住んでいるわけではないので詳細は分かりませんが、真実のほどは別としても隣近所に気を使いながら暮らすことは大事なことだと思います。

ご近所さんとうまくやっていくにはいくつかの方法論があるのだと思います。いっそコミュニケーションを密にして仲良くなってしまえばたいていのことは大目にみてくれるのかもしれませんが、そうでないなら常識的な行動で周りに迷惑をかけないことが肝心だと思います。マンションなどの場合はどうしても周りの世帯の生活音が響いてくることはしょうがないと思います。逆に私が周りの方に迷惑をかけている場面もあるでしょう。まさか生活音を出さずに生活をするわけにはいきません。だとしたら、たとえば音楽の音だったり、また室内を歩く際の足音だったり、気遣えば音を響かせなくて済むことには注意をすべきだと思います。それだけでみんなが快適に暮らしやすくなるのでしょう。そしてついでに言うのなら「ご近所さんへの寛容さ」でしょうか。お互いさまの精神、多少隣や上の部屋がうるさくてもそうそう簡単に目くじらをたてないことも上手な近所づきあいのポイントだと思います。

ピックアップ

おすすめ情報