賃貸物件を借りると避けては通れない道である「ご近所づきあい」について記述してある文章です。

賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて
賃貸物件に住む際のご近所付き合いについて

賃貸物件を借りたときのご近所づきあいについて

賃貸物件を借りた時、多くの場合、隣に住んでいる人がいます。引っ越してきたときには、引っ越しの挨拶をするのが礼儀とされていますが、最近では挨拶をすると喧嘩になるという事例が増えているようです。つまり、ご近所づきあいが上手くいっていないというわけです。そのため、一回ぐらいは挨拶に行った方が良いですが、そこであまり関心がなさそうならば、次からはあったときに軽く会釈する程度で良いと思います。逆に、関心を持たれたのであれば、積極的に相手にいやがられない程度にご近所づきあいをすると良いです。

昔はよく「ご近所づきあいを上手くやりなさい」って言われていましたが、最近ではは隣人とトラブルが増えてきています。そのため、ご近所づきあいをしなくなるという人が増えています。何かあったときは、隣人が助けてくれるように思えますが、実際は無関心という人が多いです。なので、賃貸物件を借りた際には最初の挨拶で相手を確かめてから、つきあいを始めた方が良いかもしれません。

もしかすると、隣人とのつきあいが良くなりすぎてしまい、呑みにつきあわされたりする場合もあります。「お酒は飲んでも飲まれるな」という言葉があるように、隣人だからと気を許さずに、ある程度でやめられるようにしておいたほうが良いです。

ピックアップ